植木鉢のあちこちに芽を出している春の野草たち

とに角みんなてんぷらにしてみよう!

DSCN9835.JPG

ユキノシタ、ヨモギ、クレソン、ヤブカンゾウ、セリ、ノジシャ、チチコグサモドキ、ノビル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.

コーナンで5個入りの小袋種イモを売っていたので、今年は

「キタアカリ」「男爵」「メークイン」と3種を植えることにした。

畝は後の土寄せの為うんと低い目に千鳥植えとする。中央には牛糞のみの元肥。

花が咲く頃には即効性の化学肥料を入れる予定。

やや酸性で育つので石灰もなしで植える。

切った芋には灰をつけてしばらく日に干してから植える。

3月に植える時はしばらくトンネルにしていたが今年は黒マルチのべたがけだ。
次に来たとき芽を出していたら、マルチはとってしまう予定

 

忍頂寺三叉路の梅(鳥が動いているが・・・メジロかなあ)

DSCN9833.JPGDSCN9832.JPG
 

Tさんがわざわざ届けてくださる。

何年か前まで公民館で野草料理を教えていたお仲間の一人だ。ここの会も高齢化で解散している。

自然大学の同期生が植物観察会を毎月行っていてその御縁で野草料理以外に食べられる植物を主に

私も観察会を持たせてもらっていた。

たまたまTさんの家の前を通って直径20僂曚匹發△蹐Δというニワトコを見つけ感激しながら

○○な所では食糧危機の時の食べ物として庭に植えたので「ニワトコ」と言われたとか

ニワトコの説明をしたように記憶している。

そんなことを憶えていて下さったTさん一生懸命挿し木に挑戦してくださって「やっと根付きました」

と持ってきて下さったのだ。結構大きい!

DSCN9819.JPG

もうすでに芽キャベツのような芽で出て来る葉っぱは開いている

DSCN9818.JPG
箕面の山にもある所は知っているが春一番に芽を出すので何時も食べごろを逃がしてしまう。

そこで狭い我が家の庭に植えることにする。

可愛い孫もニワトコの受け取りに同行。近所の喫茶店にも付き合ってくれる。

そこでひらめき!!「これをこの4月に1年生になる孫の記念樹にしよう!」

彼も一生懸命、庭で穴掘り。39年になるこの庭。他の木の根も伸びてきている。

スコップでブツブツとその根を切りながら掘り進む。

孫も木の根にはスコップを直角に当てて、上から勢いをつけて「ブスッ」と

日頃バアバアの仕込が良いせいでたいしたものだ。

「ゆきたかの木」と名札も付ける。ちょっと変わった記念樹の出来上がり

DSCN9816.JPGDSCN9815.JPG
 

遅咲きの紅梅(39年)が満開だ

DSCN9820.JPGDSCN9821.JPG
娘が私の誕生日にと作ってくれたお祝いも写しておこう

DSCN9830.JPG

新型コロナビールスの事があって、ちょっと嫌だったけど約束した他の4人

「大丈夫、大丈夫」と誰一人やめておくとは言わない。待ち合わせはJR灘駅。あまり載らないので緊張

無事灘駅に5人集合。案内して下さるHさん彼はもう3回目とか

DSCN9807.JPGDSCN9806.JPG
ちょうど2/23日朝テレビで解説をしてくれていたのを聞いていたので、なんとなくゴッポが

より深く理解できたような気分になる。

イトスギのテッペンと教会の十字架が重なった気分で・・・イトスギはイタリアに行った時

初めて見て、同行者のIさんに違うと言ってしまった私の失敗の木だ。

上のレストランは人数分のテーブルをセットしてくれておしゃべりにもってこい。

主になる料理を選んで後はバイキング形式。ああ、ああ、また食べすぎちゃった。

帰りは市役所の24階でティタイム

DSCN9813.JPGDSCN9812.JPG
 

夫はやはり第3の人生かなあ?仕事で畑が手伝ってもらえない。

近くに住む娘を呼び寄せ見山に行ったのが昨日。

鶯が「ほホケキョ」とは鳴いているのだが」めちゃくちゃ早口

畑からは白菜と大根、春菊、ほうれん草を持ち帰る。

見山の道の駅の定食ではうどんに椿のてんぷらが載っていた。

DSCN9795.JPG

畑ではスイセンが満開。 お家に生けるとすごい香り。

DSCN9802.JPGDSCN9801.JPG
DSCN9799.JPG

 

白菜10個大根7本お持ち帰りする。

大根はそろそろ花の咲く準備を始めそうなので、上を切って作業用の手袋をかぶせて帰る。

地植えにしていたキンカンも出戻り娘じゃなくて出戻り「たまたまチャン」となる

その根元についてきたのは?何だろう

DSCN9782.JPGDSCN9788.JPG
DSCN9789.JPG

きんかんのなかでもこの「たまたま」という品種は確かに美味しい!

我が家に戻ってまた鉢植えとなる。

 

先週畑で見つけたこの玉子!「なにのたまごか?お解りかなあ?」

DSCN9775.JPG

畑の害虫を食べてくれるので、この状態で見つけると大抵はもって帰って来る

 

先週の玉ねぎ畑

地主さんのとは比べ物にならないくらい小さい。

DSCN9772.JPG

 

その帰り山に立ち寄ってフジバカマを植える

ここで元彼が7とうのアサギマダラを確認しているので今年も来てくれますようにと祈りつつ

DSCN9777.JPGDSCN9776.JPG
 

 

 

 

小鉢にはよく使っています

 

白菜の甘酢かけ

DSCN9771.JPG

干したしらすを少しの油であげる

白菜はきざんで湯をくぐらせる

酢漬けのサザンカの花

3つを合わせて甘酢をかける

 

うれしい白菜の話

ケアハウスの運転手さんがポポの木をとりに来てくれたので

「奥さんにお土産よ」と白菜を差し上げていたら

「お店で買う白菜とは全然違ってみずみずしく甘くておいしかった」と喜んで頂く。

白菜が亡くなるまで毎日「鍋料理」だとか!

見山で作る菜ものは本当に美味しい。

35年間ただで借りていた家から100歩の所にある畑が綺麗になる

大型ごみは市の紹介で業者さんに引き取ってもらう。

風呂桶1つ4000円家の大型ごみもお願いして計3万6000円に消費税

ちょっとスッキリかなあ?

 

DSCN9759.JPGDSCN9760.JPG
片付いてみると随分広い。

残っていたポポの木も2本仲良くお嫁入り。

4本残っていたブラックベリーも一緒にもらわれた。

一安心

 

見山ではアオキが一段と色あだやか!我が家にも活ける。料理屋さんにも届ける

DSCN9751.JPGDSCN9750.JPG
その我が家には雄木しかない。お隣の雌木の受粉樹となっている。

偶然隣同士お見合いができる所に植わっていたのだ。

この種のついている雌木を挿し木にする。2月これからが挿し木の時期だ。

 

長芋の酢の物

夫のビールの突出しに

DSCN9755.JPG

なんてことはない。

長芋を切ってサザンカの花の苦みを抜いたものとべんり酢で和えただけ

 

                               なますは干し柿で

DSCN9757.JPG
 

 

35年間作らせてもらっていた畑を空けることになる

木の類のお引越し先はほぼ完了

使っていた風呂桶3個(水入れ、クワイの栽培、横にして物入れ)

いずれミニスイレンをとおいていた火鉢まである。

秋の七草フジバカマが随分増えている。

日本原産のお墨付き、絶滅危惧種でもある。

服部緑地の緑化植物園「この指たかれ」に連絡

勉強会の日に持って行くことになる。

 

 

もう一歩考えた思いやりが・・・

デイサービスで

皆さん机に座って2月のカレンダー作り

細かくちぎった紙を赤鬼さんに貼られている

紙切れが時々ポロポロ机の下に落ちている

「気にしなくていいですよ!後で拾いますから。ご自分では拾ったらだめですよ

下をむくとふらっとすることがあるから・・・自分で拾わないでね」

時間をおいて「後で拾うからね」

なんせ忙しかったこともあって3回は声掛けだけをしていた。

「ゴッツン!」

すごい音。振り返ると・・・

となりの机の脚で後頭部を打ってひっくりかえっている先ほどの利用者さん

急いで氷で冷やし続けるもコブ(血腫)が出来てしまう。

念のため診療所を受診後に冷やしたままで帰宅して頂く。

はちまきをして帰るのはかっこ悪い

帽子も充分かぶれないのでいや

あれこれやって見て結局ネッカチーフで横でチョウチョ結び

かっこよすぎるぐらいかっこつけてご帰宅

反省

認知症の人は本当に几帳面だ。

それが解っていながら最初に落ちた紙切れをすぐ拾ってあげていたら、こうはなっていなかったのに・・・

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM