昨日の事

忍頂寺の畑で今年初めてのホトトギスの声を聴く

「卯の花の匂う垣根に、ホトトギスはやもき鳴きて・・・」

箕面から茨木への山越え道には、卯の花が所々で咲きかけていた。

この地の厳しい段々畑にも、ところどころ田んぼに水が張られている。

ウグイスの声に交じっていやというほど聞いていたホトトギスの声

今までは全く意識していなかった!

ホトトギスの攪乱(カクラン)

鶯の卵をけり落として自分の卵をその巣の中に産み、鶯に自分の卵を抱かせるという

そのためにホトトギスも今頃やって来るのか???

と言ってあまり姿は見たことがない!

”天国の北辻さん教えて???”

 

「ホトトギス泣きつる方をながむれば いずこもおなじ秋のゆうぐれ」

 

万葉集にこう唄われるところを見るとホトトギスも秋までこんな山里にいるのかなあ???

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM