ネットで調べてみるが魚のシーラーがほとんどで、なかなか出てこない。

DSCN0040.JPGDSCN0041.JPG
si-ra-

野草で調べると平谷けいこ先生の記事と共に「つみながご馳走」の本なども紹介していた。

ワラビなどちゃんとした灰汁抜きが出来ないで「発がん性がある」ことのみが伝わったら

そのうちワラビは「毒草」として後世に伝わるのでは・・・などと心配されていた。

たしかに箕面でも知床でも笹に至るまで大方の草が食べつくされているのにワラビとハンゴンソウだけが

(知床はオオハンゴンソウ)食べられていない光景を目の当たりにしたことがある。

箕面ではお茶も鹿は食べていない。

野草料理を教える時これらの状況を「鹿は灰汁抜きが出来ないからよ」と言ったものだ。

さてシーラーについては

良くわからないままホタテの缶詰めと合わせて酢味噌和えで頂く

ほのかな苦み?香り?が美味しい

「ゴマギ」かなあと言う気もするが「ゴマギ」は食べたことがないので良くわからない。

これならいろんな料理が出来そうだ。主菜にも副菜にでもできる

 

蕗の葉と鶏ミントの煮含め

蕗の葉をゆがき朝から水につけておいたものを細かく切って鶏ミンチと煮る

鶏ミンチと蕗の葉を炒めて味つけ(砂糖、酒、みりん、しょうゆ、)

タンポポの花びらを散らす

Related Entry
    Comment





       

    Calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    TIME

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Comment

    • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
      Logo
    • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
      Logo
    • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
      博 佐藤
    • 七草粥
      なな艸
    • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
      kazuho
    • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
      Logo
    • ツユクサ何に使うかなあ!
      Logo
    • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
      Logo
    • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
      Logo
    • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
      Logo

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM