35年間作らせてもらっていた畑を空けることになる

木の類のお引越し先はほぼ完了

使っていた風呂桶3個(水入れ、クワイの栽培、横にして物入れ)

いずれミニスイレンをとおいていた火鉢まである。

秋の七草フジバカマが随分増えている。

日本原産のお墨付き、絶滅危惧種でもある。

服部緑地の緑化植物園「この指たかれ」に連絡

勉強会の日に持って行くことになる。

 

 

里菜の会の定例会は

奈良カエデの郷 ひらら 1200品種のカエデ2000本

DSCN7813.JPG

 

閉校になった学校を使ってカエデが集められ校舎では釜飯他食事を出している。

何と昼食時には次々にお客さんが

DSCN7844.JPGDSCN7846.JPG

 

これが宇太水分神社の水で入れるエメラルドマウンテンコーヒー700円
DSCN7851.JPG

箕面の700円コーヒーより私の口に合う。

お昼の釜めしは

DSCN7852.JPG

こんな所で・・・

さてモミジは大分紅葉が過ぎていたが・・・

DSCN7838.JPGDSCN7835.JPGDSCN7834.JPG
DSCN7833.JPGDSCN7832.JPG
DSCN7831.JPGDSCN7830.JPG
DSCN7829.JPGDSCN7828.JPG
DSCN7824.JPGDSCN7823.JPG
DSCN7822.JPGDSCN7821.JPG
DSCN7820.JPGDSCN7818.JPGDSCN7817.JPG
DSCN7816.JPGDSCN7815.JPG
帰りに寄った宇多水分神社」DSCN7854.JPGDSCN7855.JPG
DSCN7856.JPGDSCN7857.JPGここ
DSCN7858.JPGDSCN7859.JPG
住職さんが出てきてお願いもしてなかったのに、親切にパンフレットを配り説明までして下さる。

いにしえの奈良のみやこを思うような面影、大木、建物。紅葉にはちと遅かったがほのぼのとした1日だったように思う。

果実酒づけを飲んでみようと棚からおろしてみると20年前のケンポナシが見つかる。

これは美味しい!文句なし

実は13日の里菜の会の忘年会に何を提供しようかと考え中なのです。

梅雨入り宣言!大当たり!にて小雨降る中畑仕事が止められず
頂いた桑の木を植える場所を作ったり菊の苗を植えたり
シャクヤクつくかなあと思いながら植えてみる。
梅酒の梅
そのまま食べるにはちょっと抵抗がある。
砂糖で煮詰めます。
クックパットで紹介
クックパットは変なものばかり出しています。
 

通算40年の野菜作り。いい加減自信を持っていたのにこのありさま
DSCN6342.JPG
マクワ瓜がそしてスイカも枯れてきました。
元肥が問題でした。溶けてしまっていたので、「もったいない」精神でまいたのが、
何と化成肥料がとけていたようです。要は肥料あたり。石灰を節約したばっかりに
接ぎ木苗の發ぅ好ぅ、メロン大損です。
棚にスイカがぶら下がった夢まで見ていたというに・・・
雨で肥料が流れてくれるのを待つのみ
今年は無理でしょう!
うっ!待てよ。山芋が芽を出しているではありませんか!
ヨーシ!スイカの棚に今年は山芋を登らそう!
山芋の赤ちゃんを集めて植えてみる!3年はかかるのにどうする気?
ケセラセラと参りましょう!
アジサイ イワガラミ
写真が出ません。娘の応援を待ってから出してもらいます。
友人の応援4人で山椒を採ってきてご近所にも配りました。

 

トウミョウと言うと思うのですが、一度さっぱり切って使った根っ子を、スポンジのまま豆腐のパックに水を入れて、窓辺に置いておきました。水はなくなればまたあげました。
1週間ぐらいでしょうか!また出て来るのです。前の切り口も伸びてきています。
DSCN5230.JPG
3回目は・・・そこまでは欲張っても無理無理
ちなみにカイワレ大根もいけたと思います。
試してみてください。えっ「そんなん知ってるわ」ですって?賢い!

 絶品緑のトマト
残った木にビニールをかけて頑張ってもらっていたけど
 もう限界
緑のまま収穫
これがまた少し酸味があって美味しいのです。
薄切りにして塩でころしカツオをかけてだし醤油で
ネットに載っていたと教えてもらったのも、メチャ美味しいとか
フライドグリーントマトとか言って少し厚めに切って揚げるそうです。
実は年末にパソコンが故障。写真を送っただけで記事が書けていませんでした。

 大王世宗だったかしら!韓国の時代もののテレビを見るのに忙しくなりました。民が覚えやすいようにとハングル文字の基礎を作った王様とか・・・
乾燥スベリヒュの煮付け
昨年のスベリヒユをゆでて乾燥させて保存していたものです
熱湯でもどして、芋蔓を煮た残りの汁で炊きました。
油揚げでも加えたら良かったと後で思いました。
スベリヒユ(スベリヒユ科)
生薬名は馬歯けん腸管の感染症の細菌抑制に効くとかで、中国では食用、薬用に繁用されているそうです。
知っている人には宝、知らない人にはただの草とはこのことのようです

イモズルのミンチ炊き
トウモロコシの中に伸びて来ていた蔓が烏よけの網にひかかって切れてしまいました。もったいないのでミンチと煮ました。
皮は適当にむいて(残っても良い)砂糖と酒、醤油で味付け5〜6分煮たらOKです。

 実は種を取るために赤けくなるのを待っていたゴーヤです。
種の周囲に付いて種を守っている赤いヌルヌルはとっても甘くて美味しい。.妊供璽になります。まとめてこばちで、スプーンをつけて残ったオレンジ色の実はモチャットしてマシュポテトの代わりになります。このオレンジの実をつぶしてハム、キュウリ、トマトにマヨネーズとあえて▲汽鵐疋ぅ奪にはさみました。同じ材料に玉葱のスライスときゃべつの千切りを混ぜてサラダに何日か前のお昼と夕飯にしました。
写真のとり忘れです。                  


ぅ哀薀織
冬にしか作らない料理ですが、これは青いゴーヤを使いました。薄く切って塩でころしてから玉葱、人参、エビ等と炒めて、ホワイトソースを作って鶏がらスープと塩こしょうで味を調えて、とろけるチーズの略式で焼きました。
玉葱の甘みと合うようです。
ゥ粥璽筌献紂璽はちょっとにがいけど、蜂蜜、レモンといっしょにミキサーで。 
次に紹介するゼリーなどは、井戸端会議のなりゆきで、ご近所の奥様方に試食をして頂くことになりました。


 北島康介平泳ぎ400m銀メダル「残念」というのか!「良く頑張った」というのか!残り5mほどでテレビ画面では「えっ進んでいるの?」って感じでした。
応援しながら食べたスイカの皮を糠漬にしました。タッパウエアで密封した糠床は混ぜ忘れても、2〜3日OKです。
                         スイカの皮と残った赤いところをとります。
左の映像はむきかけ。右がむけた所
このまま糠の中に入れておき明日の朝きざんでいただきます。
この状態で塩を薄くして明日まで置いておいても、同じようにコリコリしておいしいです。
近頃はスイカの皮が薄くなってこのような楽しみも少なくなりました。
出来上がりは明日の朝に アップロードの調子が悪くてうまくいきません


続きを読む >>


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM