とに角おいしかったのでもう一度今夜も浸けて見た!

そうだ!と気付いて夕食の2時間前。2〜3時間漬けると書いてあるのでまっいっか〜

材料と作り方

1、新たまねぎ中2個をスライス

2、浸けだれ(醤油1/3カップ、酢1/3カップ、ミリン大さじ3、砂糖大さじ1、赤唐辛子1本)

1を2に浸けて2〜3時間置くだけ

私の場合思い立ったのがちょっと遅かったので、浸けだれの中でゴニョゴニョと揉んで夕飯まで置く

サザンカの酢漬けをあしらってみる

 

DSCN9801.JPG

新玉葱が手に入ったら作って見て!!

 

 

「そうだもう七日。七草の日だった!!」

小雨降る中100歩で行きつく畑に・・・

先生に教わった「春の小川」の節で歌う七草の歌をうたいながら・・・

春の七草セリにナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノダ達

スズナ、スズシロ仲間に入れて春の七草みんなでつもお

先生は七草の代用の草を考えられていたけど・・・

普通旧暦で祝う七草。まだちょっと早い

ゴギョウの代わりとなるチチコグサモドキはたくさん見つかる

ホトケノザは本物のホトケノザが沢山出ているのでこれでいこう

スズナ(カブ)スズシロ(大根)白い実の方を薄く切って最初から投入

お粥の時、活躍する土鍋は蓋が2重になっている。IHのコンロにはかからないのでガスコンロで

DSCN9726.JPGDSCN9727.JPG
カーブスでたんぱく質蛋白質と言うので玉子も入れる。水っぽいのは嫌なので米1に水5の粥にする。

 

ダイダイ今年はちょっと少ないけどまあまあなってくれました

DSCN9717.JPG

 

先ずは黒豆

見山の畑のお隣さんから、田んぼで豆だけ作っているので、まさか私が黒豆もとは

娘婿の里からも黒豆

ハヤトウリを届けて新米

ハヤトウリを売ってもらうため尋ねた友達からヒョウタンの様なカボチャ安納芋

箕面の友人からはもみ殻に藁(これは味覚ではなかったっけ!)

夫はビールのあてに黒豆を抱え込んでホクホク

柿はまだちょっと早い

 

1昨日、畑の周りをまわってみんな採ったのにもういっぱい蕾がのびてきているハタケニラ!

シャキシャキして美味しい。

友人はサット湯をかけて、だしをきかせた二杯酢に浸けて置き、常に添えに使っていると教えてくれた。

春菊やわけぎの玉の部分と一緒に白和えにしてみた。もう終わりかと思えるホタルイカも入っている。

今年は高いがやっぱり季節の物で美味しい。

DSCN8573.JPG

今夜の夕飯は

★筍のきんぴらはハナカツオと

★ワラビの煮びたしは油揚げと

★畑ニラはお肉と

そして初物のえんどう豆で

いやに山菜がそろってしまう

 

午前中に苗を買ってきて夏野菜の植え付け完了

たしかにサントリーさんの苗はいいけどちょっと發

迷ってしまう。作って見ないとわからないし・・・

アザミュウマと言う厄介な虫が飛んでいる。

ご近所でえんどう豆に被害だでている。あっという間に葉が真っ白になってしまった。

目をつけられるとあっという間にやられてしまう。

オルトランがかろうじて効くそうな。キラキラは嫌い。

えんどう豆はじめすべての作物をキラキラ付のネットで覆う。

DSCN8401.JPGDSCN8400.JPGDSCN8399.JPG

イチジクが実をつけている。10っ個あまりかなあ・・・

これらは6月にこぶし大の大きさになって熟す。

特別な名前がついているものだが、思い出せない。DSCN8403.JPG
大方夏野菜の植え付けが終わる。

 

 

 

 

お米3合我が家で白米に精米してお揚げさんと筍だけの炊き込みご飯に

DSCN8378.JPG

何時もいい加減の味つけをしていたけど、またまたネットから頂く。

筍・・・250g

米・・・3合(カップではない)

揚げ・・・2枚

酒・・・大2

醤油・・・大1

ミリン・・・大2

砂糖・・・小1

塩・・・小1

これはちょっと物足りなかったかなあ?もうチョイ塩を増やすか!だしを入れるか!

残った筍明日は何にするかなあ?

 

夜中にたっぷり降ってくれた雨

裏口から120歩でいける畑でも水はふろ桶1つ

雨の予報を利用しない手はない。はずしておいたマルチの畝を崩してみる。
「よしよし中まで滲みているではないか!やったぞ!」

今度は蒸発しない間に再度マルチをかける。

この雨水を利用する時何時も日本一長寿村であった沖縄大宜味村のおばあ達を思い出す。

笑子さんのお店に行った時に聞かされた話。

おしゃべり好きなおばあ達、どんなに話が盛り上がっていても、「雨が降る」と言ううと、

即座にチリジリバラバラ畑に行って、種を蒔く、苗を植える、収穫をする。雨を利用するのだとか!

おばあ達の事をいつも思い出す。

 

有難いことに、お花の家元の同級生がいるため、毎年見せてもらっている。

珍しく阪神百貨店での催しだ。また子供さんの作品も場外に展示されて、

これは誰でも見られるようになっている。

 一光流

DSCN8228.JPG

DSCN8227.JPG大好きな未生流
雲竜桜 いろんなものに雲竜ってあるものだ

DSCN8229.JPG

DSCN8226.JPG日本の桜で一番は早く咲く桜は?
DSCN8232.JPG

ジュニアがこんなすごいものを池とぃた

DSCN8233.JPG中々日本では見られない

本物の菩提樹だ

実が落ちたのは見たことがあるが・・・

こんなすごい実は初めて見る。
お花展の帰りに鯛めしと懐石料理を頂く

DSCN8235.JPG

枚方市駅のとあるホテル

20年以上のお付き合い!

皆年を取ったものだ!

「糖尿病で芽が見えにくいんや」とか

「心臓の3本ある血管が・・・」

足が弱って杖をついたり

見たり聞いたりしていると

自分の最後はどうなるのか?考えさせられてしまう。

この会で毎年言っていた梅見をしばらく休んでいる。

今年こそは頑張って計画しなくては・・・と思いかける

見山の道の駅で見つけたイノシシの肉

その日はTさんとMさん3人で買い占める。

ネットで「関西風牡丹鍋」を真似て猪の鍋を頂く。

全く臭みなし豚肉より腰がある。

   「こりゃ美味しい」

鮮度が良いのと肉の切り方がボタンの様で薄切りなのに腰がある。

Tさんあんなに沢山どなたと?

毎年決まった行事になっている。

一夢想さんのご馳走は

DSCN7899.JPG

DSCN7900.JPG

DSCN7901.JPG
DSCN7902.JPG

DSCN7903.JPG

 


DSCN7917.JPG

DSCN7920.JPG
DSCN7919.JPG囲炉裏もご馳走のうち


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM