丹波の友人が「6月16日が黒豆を伏せる日」だと教えてくれた。

伏せるとは狭い場所に種を蒔いて芽だしをすることだ。

黒豆の産地では毎朝くっきり霧がかかるのだ。

見山でも早朝に行くと朝露が降りて晴天が続いた後でも野菜には朝露が降りている。

結構いける黒豆の条件だ。

後は植える土地が泥んこ地帯でないと豆まで平内

京都や奈良の枝垂れ桜をテレビで見るばかりで中々花見には出かけられない。

良く写っているシザレザクラは大方が「エドヒガン」の原種でピンクの色が濃い。

新型コロナビールスは先が見えないだけに大変だ。

 

桜の咲く頃に蒔く葉物野菜と言えば・・・

小松菜、チンゲンサイ、ほうれん草、ネギ、春菊・・・(袋の蒔き時を確認したほうがよいが)

天気予報を見て雨の降りそうな2日前に蒔くと良い

(蒔いた日は如雨露であげて1日於いて天からのもらい水これでしっかり種が芽を切る)

 

暖かい所原産の物は地温が25度ぐらいになってから蒔く(5月に入ってからになるかなあ)

早く育てかったらマルチをしてもよいが・・・

オクラ、モロヘイヤ、ゴーヤ等々

 

北緑丘小学校バス停横の1本だけ色の変わった桜が前から気になっていたが今年もやっぱり気になる

植物談義を交わす友人とやっと日があって確認に出かける。お互い辞書もち。

私は高枝切りまで、診断がつかなければ花と葉っぱをチョコッと頂こうと言う魂胆

やはり写真だけではうまく撮れなかった。

DSCN9881.JPGDSCN9880.JPG

この地は45年ぐらい前に山を切り開いて小学校を作ったようで当時のまんまの緑地帯が残っている。

なので道路に向かって咲いている桜はヤマザクラばかりだが、植樹もされたようであるのにヨメイヨシのが見当たらない。

二人で出した答えが「オオシマザクラ」じゃないかと言う事。ならオオシマザクラも原種なので納得かなあ

 

一昨日蒔いた(埋めた)大豆の様子を

薄くしか土を着せてなかったので飛び出している豆もある。

トマトは又芽をとってくくり直し(くくりなおすぐらい伸びている)

胡瓜と茄子の収穫

ミニトマトの支柱立て

スイカの誘引

茄子の支柱立て

いくらでも仕事がある

途中でゴロゴロピカッ“くるな!”と西の空を見る

真っ黒い雲はないが薄暗い雲が続く・・・

やはりドカッとは大雨は来なくてピリピリから降り始める

 

きざみ茄子の朝漬け(生協のノートからお気に入りになる)

キュウリ1本+茄2個 薄切りにして塩で揉んでしばらくねかす

アオジソ+生姜を千切り

これを和えるだけ

私はエゴマの葉を紫蘇の代わりに

夫が物足りないと言うのでポン酢で頂く

私はお気に入りだ

 

オクラにハマキ虫が来ているようだがすでに巣立っていた

長芋の杖やトウモロコシが強風で倒れかけている

トウモロコシは根元を土で補強する

長芋は支柱を隣にもう一本打ちこむ

 

オオムラサキ

DSCN8738.JPGDSCN8736.JPG
DSCN8728.JPGDSCN8725.JPG
DSCN8721.JPGDSCN8715.JPG
DSCN8712.JPGDSCN8711.JPG
DSCN8704.JPG

オオムラサキは年に1回しか卵を産まないそうだ。

モンシロチョウなんかは年に何回かは卵を産むんだとか

 

大原の帰りに見つけた?フウロウ

DSCN8696.JPGDSCN8693.JPG

またまた見山の畑に。

野草料理に使う植物は?

DSCN8600.JPG

 ザサ、、ヤブカンゾウ、ニワトコ、カキドウシ、スイカズラかなあ?

 

今日の収穫

玉葱(畑に干して帰る)馬鈴薯、チンゲンサイ、間引き大根、牛蒡、えんどう豆、そら豆、

 

今日の作業

豆取り、玉葱の収穫、ミニトマトのささえ棒立て、くくり付け、また芽取り、

追い肥やり(トマト、人参、トウモロコシ、キャべツ)

馬鈴薯堀り

 

新じゃがの1品

ジャガイモの皮は水道を少し出しながら、金たわしでこすってむく。

ポテトチップより少し大きめの拍子木切りにしてレンジでチン→

フライパンに油を敷いてチンした芋を入れ味付け(酒、醤油同量で)

 

サラダには新玉葱をおろしてかける。

我が農園ではピースが終わらないとさつま芋を植える場所がない。

苗がお店で亡くならないうちに、そろそろ買っておくか!と「紅アズマ」と「鳴門金時」を購入

いつだったか?まとめて伏せて失敗した事があったので、2僂曚品らかして伏せていたのが失敗なく成功!

元気に本植えを待っていてくれた。とはいえ植わったのは半分の10本。

新聞紙をぬらして2日間、日陰を作ってあげる。

DSCN8589.JPG

又根の御坊は2つに割れている。2人暮らしのきんぴらには十分いける。

最近知った所ではこんな短い牛蒡があるのだ。

昔60僂盞,辰討弔ったことがある。

とってもいいのが出来たのだが、掘るのにどんな苦労をしたことか!

今日の掘りたて牛蒡のきんぴらは風味もあって美味しかった!

DSCN8411.JPG

春大根

オナマスに、味噌汁に、甘酢漬に

畑の長老にも差し上げる。誉められたこと。言うに及ばず。

 

ご近所さんのお里から、立派なが届く。

脂揚げが2枚しかなかったので、今年は太巻きに。代わりに切る時幅を薄切りに。

かんぴょうは常に保存している。

蕗の揚げさん巻

DSCN8412.JPG

中々畑が空きません。

ご近所さんはゴーヤ、トマト、キュウリ、ナス、オクラと植わっているのに・・・

連れて帰った「ノヂシャ」の花が咲きました。

DSCN8262.JPG

DSCN8261.JPGあんなにか弱かったのに、今ははびこっている。
卵とじで食べてみる。あまり癖はない。何にでも使えそう!

 

春大根、ビニールをかぶせてトンネル栽培をしているが、このところ全く雨が降っていない。

もう本葉を出していたのにどうしていることやら・・・

野菜の時間によると湿気を保つためにももみ殻が良いそうな!いっぱいお布団を着せる気持ちで

DSCN8013.JPGDSCN8012.JPG
地主さんの「まな」の畑

DSCN8006.JPGDSCN8007.JPG
DSCN8008.JPG

入口のトリック。わかるかなあ?

DSCN8009.JPG何でもない枯れた竹がたっているだけ

DSCN8010.JPGDSCN8011.JPG
竹を抜くと・・・     生木に竹がかぶせてあってちゃんとしたドアになっているというわけ???かなあ

前に許可が出ているのでしっかり(マナ}も頂く。

今年最後の収穫とえんどう豆の手をするため見山に。

バケツの中はしっかり氷が張っているDSCN7939.JPG

今年はマルチなしの玉ねぎ

この籾だけで寒さをしのいでもらおうと、籾をいっぱいかける。

DSCN7935.JPG

豆好きの夫がこまめにするえんどう豆の手

DSCN7936.JPG
収穫は!

白菜、人参、大根、牛蒡、春菊、真菜、ほうれん草、南天の実、スイセン等々

DSCN7937.JPG

DSCN7938.JPGヤブツバキが咲きかけている。この花を見るとなんだかホッとする
 

家の裏口から100歩の所にある畑にて

NHK野菜の時間で、今からほうれん草を蒔いていたので、ちょっと面倒だけどやってみる。

昨年もこの方法で、春早く美味しいほうれん草を収穫したので自信はあるけど・・・

穴あき黒マルチに種を蒔いていく。

他は直播き

2日後の雨を待ってからビニールのトンネルをかける予定

DSCN7890.JPGDSCN7891.JPG
DSCN7888.JPGDSCN7889.JPG
 

 

サザンカの花が満開であまりにもきれい。

「早く甘酢漬けを作って」と言わんばかり・・・

忙しい時に嫌だけど、仕方なく採集、ごみ掃除、一気に茹でて(1分)水に晒す

晒さないと苦みがとれない。毎年の行事になってしまった。

DSCN7892.JPG

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM