大木の根っこがむき出しになった奥で、ひっそりと咲いていた  

花の形はヤブツバキとそっくり!  

DSCN0017.JPGDSCN0020.JPG
DSCN0024.JPGDSCN0023.JPG
 

クヌギなど大木が生え、その根っこがむき出しになっていたりする。昔は小山今は畑が隣の雑木林 

アケビも新芽を伸ばしていた

DSCN0026.JPG 

 

庭の草花集めて

クレソンは湯呑に入れて上から湯をかけるだけの下ごしらえで、チクワの穴に詰めてカッコよく切って盛り付けるだけ 

春蘭が4本採れた!春の贈り物と言うだけだ。うす衣をつけてあげる

もう一度食べたかったヨモギウルイとかき揚げに!ヨモギの香りが口の中で広がる

ツワブキの新芽が20僂曚匹某びている。これだけを切ってかき揚げに(ツワブキの佃煮はテレビで3日間も炊いていた。そんなものするだけの量も時間もない)このかき揚げはそこそこ風味もあって「ヤッターッ」ってとこ

この油使いのメインは鯖のカレー粉まぶし揚げ。カレー粉とメリケン粉をサバにまぶしてあげる

最近脂を使うてんぷらは避けていたが、チッチャなフライパンに油1、5僂曚匹呂辰道箸いりにしている。手軽に揚げ物ができる。

 

                                     

孫と言うより娘が買いたかった色はこれだったのか!

ちょっとしたランドセル物語

娘言わく。「この色を確保するには入学前では手に入らないだろう」と昨年(1年前)に入学祝のカバン代を請求されたのだ。

したがって孫にはジージーが買ってくれたという意識が薄い。

今日はママが半日出勤で半日預かった。

ジージーに見せるのだとカバンをおぶってきてくれた。

 

まだ使えるサザンカの甘酢漬け

DSCN9957.JPG

長芋の薄切りと。お味は甘酢(べんり酢)

 

本日の新型コロナ感染者は273人

多くの機能が停止している。

高校野球もない。

オリンピックもとうとう1年延期が決まった。

相撲の夏場所も中止とか?

孫の1年生入学式はどうなるのだろう?

花見も花の下で集まっての宴会は自粛を呼びかけられている。

そんな中忍頂寺の畑に向かう

桜満開あっちの山こっちの山サクラ、サクラ、

芝刈りをしなくなってどこの山にもサクラが増えている。大方がヤマザクラ、たまに、
オオシマザクラ(葉がなく白っぽい)エドヒガン(ピンクの色が濃く山の發そ蠅法砲隼廚錣譴襪發里

咲いている。

沿道は植樹されたソメイヨシノが満開

 

ごみ焼却場のちょっと下から前の山の上の方に真っ白の固まり

拡大したのでまあまあ見えるが肉眼ではとても見えない白い物体、相当高い所だ!

DSCN9891.JPGDSCN9895.JPG

あんな高い所、とても植えたとは思えない。こぶしなんだろうか?

川沿いに桃の木が1本ある所からよく見える。まだ桃も咲いていた!

DSCN9897.JPG

DSCN9894.JPG

DSCN9893.JPG

2日後どんな山の中かという写真が撮れていなかったので写真をとりに行く。ふもとの川沿いは植樹されたソメイヨシノ

DSCN9922.JPG

牧野植物図鑑によると山地の林の中に生える。高さ8m内外になる落葉樹。

幹は直立し多くの分枝。とあるから間違いないようだ。

それにしても植樹されたものしか見たことのない私は

  ★びっくりのびっくり★

 

今日の農作業

玉葱の追肥3回目(3月末で追肥は終了)

馬鈴薯の多いはずして土寄せと芽きり(芽は2〜3本にして余分は切ってしまう)

早採り枝豆の種まき(鳥に食べられないようにネットなどきせる)

えんどう豆、そら豆の追肥

ブロッコリーの苗植え(青虫除けのネットもかける)

今日の収穫

真菜、白菜、白菜の花芽、大根、土筆

土筆

この前と違ってめちゃくちゃ出ているが、早く帰りたい夫の顔色を見ながら・・・

そうすると夫も摘んでくれかける。結構はまっている様子

炒めてだしと砂糖、ミリン、醤油で味付け卵でとじる。

 

ふきのとうはみんな伸びていた。

のびたのはさっと茹でて細巻か巻き寿司の具に使うと香りが良い

 

 

4年生と6年生は須磨から、4歳は豊中から

11歳違いの2人の娘

DSCN7526.JPG

DSCN7525.JPG
DSCN7529.JPG

DSCN7531.JPG
DSCN7532.JPG
DSCN7531.JPG
DSCN7534.JPG

DSCN7535.JPG
 

DSCN7536.JPG

DSCN7537.JPG
 

DSCN7538.JPG

DSCN7539.JPG
 

DSCN7543.JPG

DSCN7541.JPG
 

 

43名での入学。25年たって集まったのが9名。

がんこ大阪本店に集まる。

最近がんこさんでの同窓会おお流行り。

4500円の会費から1200いくらかの返金まで

結構刺身も新鮮で美味しいお料理を頂きました。

DSCN0155.JPG

DSCN0160.JPG
DSCN0161.JPG

DSCN0159.JPG
DSCN0158.JPG

DSCN0157.JPG
DSCN0156.JPG

食べてしまって写し忘れたのもあるけど、後コーヒーなどもついていて、

3時間ゆっくりできてこれはお手ごろだ事。

 

日本大学ラグビー部の話など全く出なかったけど、

イヤー選手で出してもらおうと思うと大変です。

大阪のある高校野球で有名な高校でもやらせはしてないけど

メンバーにしてもらうために、親がどれだけ貢いでいたか!聞かされたことがある。

 

ここまで書いた時電話「僕や○○。2日前から気管支に菌が入って大きい病院で

見てもらわんといかんねんや」それはそれは変な声で「明日いる?」

(いくら気管がやられていても、ちょっと息子とは違うぞ???)

「お父さんと代わるわ」と代わっておいて別の部屋から携帯で息子に電話

いつもの元気な息子の声が聞こえる。

夫に合図。そのうち向うから電話は切ったそうな・・・

おれおれ詐欺の手口だろう!でもなんか気持ち悪いこと。

そして携帯様様。これがあったから本当の息子の声も聞けた。

もう息子からカーネーションは届かないのかと思っていたら・・・

ピンクのカーネーションが届く。(今までは赤いカーネーション)

夕方お礼の電話をした時にピンクの意味を聞いてみるも「べつに!」とのこと

長女は何時も豪華なのを送ってきていたので「もったいない!」と言ってから

これ幸いか!送って来なくなった。

やはり母の日。何もないよりうれしいカーネーション。

                       DSCN0140.JPG

今年で50回。先生も米寿を迎えられ切りの良いこの回で100人の茶会は打ち止めにされるとのこと。

あいさつ文の中に

「稽古とは1より習い10を知り 10よりかえるもとのその1」と利休道歌にあるように、

茶の湯では基本の「その1」を大切にします。

そんな言葉を引用されています。

何か違った形の次の構想が先生の頭の中には閃いているようで楽しみです。

写真あり

 

桜見つけた春いっぱい

福知山線「草野」駅が私の故郷

弟や父、祖父母が眠っている。

おばさんがコゴミがこの辺りにも生えているといううので早速偵察に・・・

あったあった昨年の株の中にはもう小さな芽が隠れている。

カンゾウがあちこちで食べごろだ。何となく摘んでいると土筆もいっぱい見つかる。

ヨモギも摘みやすい所にいっぱい。

一緒に行った義妹も大喜び。

とに角つくしの袴をとって甘辛く煮る。

夫はお酒のつまみに

私はあったかご飯にのせて頂く。

夕方雨の天気予報が昨夕になって、昼すぎから雨の予報。

それでもお出かけをする。

サンザシ(バラ科)の赤い実がダム横の崖からいっぱい顔を出しているのだ。”感激”

植物園では何回もお目にかかったが、こんな身近な自然の中で出会ったのは初めて

DSCN9979.JPG

DSCN9980.JPG紅葉した今年の葉っぱと来年の新しい葉っぱをつけている
DSCN9981.JPG

DSCN9982.JPG新しいこの葉っぱは冬を越せれるのかなあ?
再びサルナシ(サルナシ科)を見る。メタセコイヤの左に

DSCN9986.JPG

DSCN9987.JPG実だけが残っている「しらくち」と言うそうだ
この渓谷の対岸に

DSCN9989.JPG

DSCN9988.JPG
 

家の近くの島熊山の林の中でいトキワ目立つ紅葉は?

DSCN9992.JPG

DSCN9993.JPG雨で煙っていて私の技術ではうまく撮れなかったが・・・

ウルシ(ウルシ科)のようだ


「今日の彼の講義」

シラカシ(ブナ科)

今年の実が出来てもまだ昨年の実をつけている。

葉っぱも何年も落とさない。義理堅い子だとか

DSCN9985.JPG

DSCN9984.JPG
 

何かが欲しいと思ったら「常にそのものを思っていると知らぬ間に飛んでくる」

全くその通りで「ケンポナシの果実酒は砂糖なしでも美味しい」と聞いてから

ことあるごとにケンポナシが頭の中を横切っていた。

今日は何でもしてくれる彼とのお出かけ。

箕面のお山の台風被害を見て回ろうと・・・

箕面ダム横のトンネルを出て少し行ったとこの溝脇にケンポナシの木が倒れており

その実を噛んで見るともう甘くなっている。

充分お酒につけられる量なのだ。心の中はウキウキ踊っている。

ケンポナシ

DSCN9771.JPG
DSCN9772.JPGケンポナシの葉の葉脈は要の所が飛び出している。
台風被害DSCN9781.JPG
DSCN9782.JPG
DSCN9784.JPG
こんな所に白樺があったんだ
DSCN9778.JPG
DSCN9779.JPG
DSCN9780.JPG
DSCN9757.JPGヤマアイの群生
DSCN9758.JPG
DSCN9752.JPG
DSCN9755.JPGこんな渓谷に降りて何でもしてくれる彼の採ってくれたものは

これなんだったっけ?
DSCN9767.JPG
ヤマコウバシって茶色の葉をつけた春の姿しか気にしていなかったらこの紅葉ブリは

DSCN9791.JPG

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM