“ネギボーズのかき揚げ”

これは美味しかった!写真はない!

DSCN9982.JPG

あまりに美味しかったので、“今日ももう一度揚げて見ようか”ととってきたが、また油を使うのは

めんどくさくて、今日の料理「回鍋肉」の中に入れてしまった。

”これは美味しくなかった”

ネギボーズを食べることを教えてもらったのは、摘み菜を伝える会の平谷けいこ先生だ。

たしかネギボーズの薄皮をとってから、バラバラに崩して飾りにも使われていたなあ!

回鍋肉の上に散らせば最高だったのに・・・あまりに沢山ネギボーズがあったものだからつい

中に入れてしまって大失敗!

 

2月18日のブログに書いていた、キンカンにくっついてきた子がこんなに大きくなった。

メハジキ(シソ科)ヤクモソウともいう

これこそ毒草だ!一見柔らかくておいしそうに見える。これも絶滅危惧種なのでしばらく置いておこう!

可愛い花をつけるだろう!

DSCN9965.JPG

 

花筏(ハナイカダ)に似たこの木なんて言ったっけ???

我が家の玄関軒下に無数が陣取っているけど、

「花は咲けども未だ見はならず」

ところが?ところが?なんとなんと赤い大きな実をただ1つだけつけているではないか!

何処を探してもただ1つだけだ

DSCN9968.JPG

DSCN9967.JPG
DSCN9966.JPG

花はどの葉にもつけている

所狭しと伸び放題なので挿し木で山に持って行こうと昨年の冬に挿したのが、今もって枯れずに頑張っている

DSCN9969.JPG
この指たかれのMさん!見て下さっていたら名前を教えた下さい。

 

 

 

9日の畑ではハヤトウリがいっぱい採れる。

知人の料亭に電話。うちはまだまだとれませんお願いしますとのこと。

20個ほど届ける。お返しはまたまた新米。

これで今年の新米は3個所から頂く。

余ったハヤトウリを道の駅に出して下さる友人には自宅用を届ける。

今年はいっぱい採れて困りそうなのでよろしくと

またまた安納芋とお正月まで持つカボチャを頂く。

ハヤトウリひとつで物々交換はありがたいこと。

 

ハヤトウリの酢の物

,覆泙考僂里ろし金でハヤトウリを千切りに(皮はむかない)

DSCN9184.JPG

△泙僻弔両紊杷く塩をして20分ほどおいておく

1を流して硬く絞りチリメンジャコと和えて器に盛りべんり酢をかける

★種も出来ていないぐらいなので全部使える。

DSCN9185.JPG

DSCN9189.JPG
 

DSCN9186.JPG

 

 

クックパッドに10品目載せているが何を送ったか忘れている。

今週から急に見る人が1週間で270人とか!

今までは6〜70人だったのに急に増えたのはこれのせいかなあ?

きっとこれも載せたと思うので

筍と一緒に2分煮る。写真が悪いが中央はみんなハタケニラ

DSCN8434.JPG

今は至る所に飛び出して野生化しているハタケニラ!

2〜3本掘るのに苦労してやっと連れて帰ったのが3年ぐらい前。

今は畑の周りにいっぱい自生している。

開きかけた花と蕾をポキポキ折れる所から折っていると、ふたにぎりも採れてしまった。

ハタケニラと筍の炊き合わせ

[材料と下準備]

茹でた筍・・・硬い所は1~1,5センチの薄切り。穂先は縦に切る

ハタケニラ・・・4僂阿蕕い凌べやすい長さにポキポキ折る

生わかめまたは塩わかめ(水につけ塩抜き)

水500奸▲ツオだし1パック、砂糖大さじ1/2、酒大1、塩小1、減塩醤油大1、

[作り方]

‘蕕膿紊鯤騰させかつおだしを入れて1分で取り出す。調味料と筍を入れ落し蓋をして落し蓋をして10分煮る

▲魯織吋縫蕕箸錣めを追加して2分煮たら出来上がり。

とかなんとか言ちゃっているけど、単に今夜のおかずにたしてみただけ!

 

 

今年の天候不順で黒豆の出来が悪いと嘆いていた友人!

もう送ってくれない言い訳かと半分諦めていたので、感激!

お正月用は心配しなくてよくなったので、残しておいた昨年物を炊く

まず昔のポットを使用

DSCN7934.JPG

豆2カップをポットに入れ、熱湯を入れて一晩おく

そのまま圧力鍋に移して10分炊き、圧力が落ちてから蓋を取って

塩小さじ1と砂糖  gを入れて冷ます

注 豆は空気に触れないようにする。空気にふれると皺皺になってしまう

DSCN7931.JPG
 

道の駅などによくでまわっている「ハヤトウリ」

少し若いものを使うとキュウリと同じように使えます。

皮をむく必要もありません。

「ハヤトウリと大根のなます」を公開しています。

クックパッドを見て下さい。

沖縄では結構野菜をチャンプルにする。

あちこちの出ているゴーヤの新芽を集めてチャンプルにする。

少し少ないのでもやしと合わせる。DSCN7594.JPG

この新芽ともやしを炒め塩コショウ。水切りした豆腐と卵を割って出来上がり。

小鉢だけど蛋白質が多くとれる一品となった。

昨日見つけたヒガンバナ

DSCN7571.JPG

数日後の雨情報に今日しかないと見山の畑に午後出かける。

近くの畑で育てた白菜苗30本分無事植えつける。

今日これだけふってくれたので、もう心配はない。すくすく育ちますように・・・

 

さてその時、見つけたヒガンバナ

一説には昼と夜の長さを察してお彼岸に咲くと言われている。

秋分の日は23日。12日も早いわけだ。

では他のは23日ごろ咲くか?よく観察してみよう!

もし多くの子が間違って咲いたら、誰かさんが教えてくれた説は???となる。

 

トマト味のパスタ

前の日の夕飯で「ゴウヤチャンプル」が1人前弱余ってしまう。

昼食はこのパスタで

採れすぎて冷凍していたジージートマトをフードプロフェッサーにかけ(トマトの缶詰めでもOK)

ゴーヤチャンプルと合体

炒めてチキンスープの素と塩コショウで味付けゆでたパスタにかけて簡単昼食の出来上がり

 

 

 

 

音羽山の尼さん式で漬けた梅味噌が美味しくなってきた。

生の水ナスに付けて食べてみる。結構いける!水ナス1度生で食べて見たかった!

          満足!満足!

春大根「下にあまり伸びないタイプです」につられて初めて作って見たら

ズングリムックリ私の上を行く体型にびっくりDSCN0145.JPG

糠で灰汁抜き15分。昆布を敷いて30分煮ると“なんと美味しい”

秋大根に負けない軟らかさ!

DSCN0147.JPG

胡麻味噌で頂く

(赤みそ大3、砂糖大1、ミリン大2、だし大2練りごま大1)

DSCN0149.JPG
 

 

6時起き。忍頂寺の畑にかぼちゃやハヤトウリを植え田んぼに里芋を植えた後、

ワラビ採りを目的に箕面の畑に寄ってみる。

ワラビはちょっと遅く伸びきっているのも多い。がそこそこの収穫。

何と「ギョウジャニンニク」がいっぱいで食べごろを迎えている。

ワラビは夫に任せて「ギョウジャニンニク」の収穫

 

これはなくなった親友kさんのお気に入りだ。

ピリッと辛みが後から来る。優しい辛みだが。

どうも東北か北海道の山菜のようだ。

東北を旅した時ホテルでてんぷらにして食べさせてもらった。

あの時私は大歓激。あげているコックさんに聞くと本人は???と言った経験がある。

 

北海道から彼を追っかけて関西に来てしまった職場の友も

「ギョウジャニンニク」の話はよく聞かせてくれ懐かしがっていた。

 

さて畑では5株買って植えたものが、彼の手入れのお蔭で

数えきれないくらいに増えている。

軽い斜面に植わっているのだが、下に下に増えてくることから

思えばどうも種で増えているようだ。

 

現地で写し忘れ帰ってから並べて撮影(こんな感じで密集している)

DSCN0059.JPG

DSCN0058.JPG豚肉と炒めて塩コショウ仕上げにごま油

 

 

 

水餃子のスープにもマイタケとともに刻んで入れてみる。これも成功

DSCN0071.JPG

今からお湯を沸かしてワラビの灰汁抜きだ。

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM