クコの芽が.柔らかい新芽をいっぱいつけている。クコご飯にすると・・・いいのだが・・・

ドクダミは山芋を包んでてんぷらに

ヨモギ、ミツバ、クコの葉、それどれにかき揚げにする。香りだ良い

買い物に行くのを控え生協の宅配便に大量注文をする!

 

チリメン山椒と野草茶を煮詰めると炒る。

両方とも5層鍋で火は弱火で

DSCN8810.JPG

チリメン山椒は夫のお気に入り     お茶は何種類入ったかなあ

両方1度に両手で混ぜ混ぜ・・・大成功

.ぅ織疋蠅離丱藜司

▲Ε匹寮現佞泙

ウドの皮のきんぴら

ぅぅ織疋蠅離戞璽灰黯屬

ゥ錺薀咾痢魚煮

三つ葉の汁もの

Д茱皀団子

┘錺薀咾凌櫃諒

   秋の恵みを楽しみましょう    2018−11−4

萩の花尾花葛花撫子の花 女郎花また藤袴朝顔の花  山上憶良 万葉集より

 

 摘み菜は自然との助け合い。丸ごと命を頂いていると言う感謝の気持ちを忘れずに

 4季の変化があり、水が豊富な日本で平安の昔から伝えられてきた食文化であり無農薬有機野菜ともいえます。

 薬食同源、特にビタミンやミネラルが多く他の栄養素も含まれています。

 薬効も多く、多食してはいけないものもあります。毒もあります。

☆ 心がけましょう

    ・詳しい人と出かけよう

    ・疑わしいものは摘まないように

    ・利用するだけを摘みましょう

    ・道具は使わないで手で摘む(むやみに根からとらない)

    ・貴重な種は写真で撮るだけに

    ・他人や公共の土地を荒らさないようにしましょう

 

この時期食べられる摘み草

  アオミズ、ベニバナポロギク、スイバ、カラスノエンドウ(新芽15センチくらい)

  カキドオシ、キクイモ、タンポポ、ノビル、ヤブカンゾウ、キンエノコロ、

  ムカゴ、シイの実、 マテバシイ、ギンナン、ホトケノザ、アキノノゲシ、

毒草

 ヒガンバナ、ランタナ、イヌホオズキ、オシロイバナ、ヤツデ、アサガオ

今日の料理

 .爛ゴご飯

 ▲▲ミズチャンプル

 キクイモとスベリヒユのみそ汁

 ぅ汽張泪ぅ發肇爛ゴの林檎煮

 ゥ離咼襪凌殘A肱造─▲札蠅離ラシ酢味噌和え

 Εンナン焼き、マテバシイ、シイの実の炒ったの

 Дクイモ茶

 ┘献紂璽鵐戰蝓爾里酒

評価はみんな美味しかったそうです。特に味噌汁が美味しすぎたと

写真は後ほど

11月の料理教室で乾燥したスベリヒユを使ってみようと思いテストの為作ってみる。

今はあちこちでスベリヒユが大きくなっている。生でいろいろ利用できるが、保存も出来る。

先の軟らかい所を集め、サッと茹でてザルにひろげて乾燥さっせて置きく。

この日より続きなら2日干せば乾燥できている。

これを紙袋に入れて保存する。

炊き方

こうして準備したスベリヒユを取り出して水に戻しておく。

油揚げの油抜きをしたものを適当に切って炊くだけ。

味つけは酒、だし汁(ダシの元と水)砂糖、醤油、ミリンで

感想

ひじきを炊いた感じ、お味も似ている

お客様に氷を入れて出すと「美味しい!美味しい!」と・・・

やっぱりこおばしい!からかなあ

DSCN7460.JPG

乾燥させた野草7種類以上を切って五層鍋とろ火で焦がさないよう25分炒る。フライパンでよい

炒ったものを茶袋に入れ1度水道水を流してごみを洗い流す。

やかんの網の茶こしでよい。

やかんにお湯を沸騰させ茶袋を入れ10分煮る。

美味しいお茶の出きあがり。夏場は麦茶代わりに毎日沸かして冷ましておく。

今日の材料は

玉葱の皮、茄子の皮、かぼちゃの種、ドクダミ、ヨモギ、クズの葉、クマザサ、

トウモロコシのひげ、桑の葉、ビワの葉など

摘んできた野草は陰干しにする。私は洗濯用の靴下など干すパンチに挟んで干している。

DSCN7488.JPG

ムクゲは1日花です。夕方に今日咲いてつぼんだ花を採取。サッと湯に通すとドロドロになる。

1僂阿蕕い棒擇襦

オクラは薄切り。2種を合わせて味つけ

山芋をおろして入れたかったけど今、家にあるのは日がたっているので黒くなりそうでやめた。

卵黄にだし醤油を入れよく溶いてかける。

私は「もってのほか」(キクの酢漬け)が残っていたのでそれも使いました。

今宵の夕食には紫玉ねぎの薄切りとキュウリの千切りをひと塩しておいて

洗ってからべんり酢をかけるだけの小鉢にお湯をくぐらせたカンゾウの花を和えました。

DSCN7360.JPG

DSCN7352.JPGDSCN7351.JPG

ヤブカンゾウ(ヒガンバナ科)1日花。この花の終わったものを使う。(咲いた花の次の日)

八重咲きのヤブカンゾウが3個「お仕事行ってらっしゃい」と朝、見送ってくれる

DSCN7350.JPG

夕方6時半、帰ってきた時もまだ頑張って咲いていた。

この花をサッと湯に通してタコ酢に飾り付ける。シャキシャキした歯ごたえ

味付けはべんり酢+先日作った梅味噌

ヤブカンゾウ1口メモ

ヤエブカンゾウ

一重はノカンゾウ(ノカンゾウは中々見かけなくなった。

昨年クックパッドにこのタイトルと他合わせて10品目出していたら見て下さる人が1週間に150人前後だった.

毎週火曜日にクックパッドから「1週間に何人見られました」と言う報告メールが入る。

このところずーっと出していないのに5月22日〜28日208と急に200を超えた。

そして5/29〜6/4日には279。6/5〜6/11は274.6/12〜18は231

きっと「梅酒の梅、そのまま食べてももう一つだし捨てるのももったいない」と思った人が

見られたのだろう!

これを使った「梅ゼリー」はお店で買うと結構値段が高い。

火曜日には報告が来る。そろそろ下がるかなあ!

11品目目を出さなくては!と思っている。

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カエルの卵の正体。わかったわかった!“感激”
    Logo
  • 山々はすっかり新緑。そして俳句の季語でもある“竹の秋”状態
    Logo
  • 服部緑地都市緑化植物園「この指たかれ」の活動日です
    博 佐藤
  • 七草粥
    なな艸
  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM