あっそうか!うっかりしていたなあ!もうそんな時期か!

さつま芋の後に石灰と鶏糞を入れて耕す。

豆類は根粒菌で窒素(N)を作るので他の肥料はいれたことがない。

でもテレビの「野菜の時間」(NHK)では化成肥料を半分入れている。

「どうしたものかのお?」

そんなこんな悩んでいるうちに夜の忘年会のお出かけ時間。

各部署の人が集まっているので「お久しぶり・・・」なんてやってると

いきなり「小島さん乾杯の音頭をお願いします」ちょっと不意を突かれて何を言っていいか!

何といつの間にか古株になっていたことを自覚させられる。

病院を定年後「ちょっと手伝って」と頼まれ15年が過ぎてしまった。

週2日、今では生活の張り合いで続けてこられたことを感謝している。

少し遅れてDr現れる。今日は上機嫌。「小島さんも来てくれてうれしいわ」

「絶対やめんと1時間でも来て下さいね」なんとうれしいお言葉

職員分散して忘年会をしているのだが、今日は3回目とか!でも30人余り

食べ物さえあればいくら飲んでも平気で楽しいだけの私。

紹興酒にビール、ライムの焼酎

帰りのタクシー券もついて楽しかった!

 

 

3歳の孫と一緒に注文をしていた苗をとりに、新大阪の近く三国まで出向く。

300本で2400円

友人は国華園から取り寄せたという

国華園の送料800円か何かそうなっていたので採らなかったけど

とに角我が家のも、もう少しは植えたいのでビニールをかける。

ヒイラギがとってもいい香りを放っています。

DSCN9857.JPGDSCN9856.JPG
DSCN9855.JPGDSCN9858.JPG
小みかんも色づいてきました。

 

北千里を東へすっかり有名になったフウの並木(後で調べます

子供たちを載せたバスまで止まって

お見せしたいのにスマホからの写真が引っ張り出せないのでまた後で

種を蒔いてからの雨続きがいけなかったようで玉葱のとこ播きしている苗が

大きくなってくれない。箕面のSさんとあれこれ話す。

「どっこもみたいやで」「コウナンかて小さい小さい苗でなあ」

「近所で植えよったったけどあんなん消えてしまうで」

「私等は今植えんなん事ないさかい苗が大きくなるまで待ってからにしようね」

等の会話で落ち着くも気になる。新大阪近くの苗もの屋さんに行ってみる。

これなら…と思ったら紫の苗しか残っていない。ああガッカリ!

昨日は須磨の孫と蛍池の孫を呼んで芋ほり。

続いて今日は遠い方の畑の芋ほり

こっちではさつま芋今年は安納芋を植えていたのだがまあまあのでき。

昨日の近い畑の芋ほりは!

子供たちの補助についた夫、スコップで遠くから中心を底の方からすくっておいて

子供たちが掘りやすいようにしていたのはいいが芋をこつくこと甚だしい。

傷ついたさつま芋がいっぱい

DSCN9802.JPG

よく観察すると安納芋は根元より遠くに入っているようにも思う。

DSCN9808.JPG
DSCN9804.JPG

DSCN9805.JPG
 

ゆった君はジャガイモ担当(これは彼が6月に堀残した芋から出た芽が育ったもの)

DSCN9813.JPG

さつま芋とジャガイモに続いて掘っているのが娘婿担当の山芋


DSCN9816.JPG

DSCN9817.JPG中央にわずかに見えてきました。最終にとっても大きな山芋がとれました。向こうの板状に写っているのも芋。
傷ついた芋たちがこんなにいっぱい

DSCN9852.JPG

今日はパパと一緒のお出かけですが・・・

行先は霊園!

DSCN9250.JPGDSCN9244.JPG
「死んだ」と連絡をしてお骨になるまで面倒を見てくれるので、大方は子供たちに面倒掛けずに済むでしょう!

御通夜の部屋やお風呂、簡単な炊事施設、寝具なども完備です。

ここには墓地も買ってあり永代供養のお金も払ってあります。

千里中央からも池田からも20分ぐらいで霊園のバスも出ています。

20種類の桜がいっぱい植えられており今日もジュウガツザクラが道々に咲いていました。

遊びに来てもゆったりするところです。

午後お葬式があるとか・・・

 

何かが欲しいと思ったら「常にそのものを思っていると知らぬ間に飛んでくる」

全くその通りで「ケンポナシの果実酒は砂糖なしでも美味しい」と聞いてから

ことあるごとにケンポナシが頭の中を横切っていた。

今日は何でもしてくれる彼とのお出かけ。

箕面のお山の台風被害を見て回ろうと・・・

箕面ダム横のトンネルを出て少し行ったとこの溝脇にケンポナシの木が倒れており

その実を噛んで見るともう甘くなっている。

充分お酒につけられる量なのだ。心の中はウキウキ踊っている。

ケンポナシ

DSCN9771.JPG
DSCN9772.JPGケンポナシの葉の葉脈は要の所が飛び出している。
台風被害DSCN9781.JPG
DSCN9782.JPG
DSCN9784.JPG
こんな所に白樺があったんだ
DSCN9778.JPG
DSCN9779.JPG
DSCN9780.JPG
DSCN9757.JPGヤマアイの群生
DSCN9758.JPG
DSCN9752.JPG
DSCN9755.JPGこんな渓谷に降りて何でもしてくれる彼の採ってくれたものは

これなんだったっけ?
DSCN9767.JPG
ヤマコウバシって茶色の葉をつけた春の姿しか気にしていなかったらこの紅葉ブリは

DSCN9791.JPG

 

昨日の野草料理こんな内容で

摘み菜を家庭料理に生かしましょう                2017.11.5 小島洋子記

 摘み菜は自然との助け合い。丸ごと命を頂いていると言う感謝の気持ちを忘れずに

 4季の変化があり、水が豊富な日本で平安の昔から伝えられてきた食文化であり無農薬有機野菜ともいえます。

 薬食同源、特にビタミンやミネラルが多く他の栄養素も含まれています。

 薬効も多く、多食してはいけないものもあります。毒もあります。

☆ 心がけましょう

    ・詳しい人と出かけよう

    ・疑わしいものは摘まないように

    ・利用するだけを摘みましょう

    ・道具は使わないで手で摘む(むやみに根からとらない)

    ・貴重な種は写真で撮るだけに

    ・他人や公共の土地を荒らさないようにしましょう

※この時期摘める摘み草

ヨモギ、スベリヒユ、クレソン、カラムシ(草刈りの後から)アオミズ、オオバコの実、

ダンドポロギク、ハルノノゲシ、タンポポ、アオミズ、キクイモ、サザンカ、ニッキの葉、

マタタビ、ジネンジョ、ムカゴ、マテバシイ、ヒシの実

※この時期間違いやすい毒草

ノボロギク、センニンソウ・ヨウシュヤマゴボウ、クサノオウ

※今日の料理と使う野草

.侫薀ぅ僖鵑農仂謄咼咼鵐

干したスベリヒユ、クレソン、イタゾリ

▲クイモスープ

 キクイモ

いもづると油揚げの付けあわせ

 芋づる

すイなもの摘んでベーコンで巻いて焼く

 ハルノノゲシ、ヨモギ、タンポポ、スイバ、アオミズ、カラスノエンドウ、ナズナなど自分で食べてみたいものを摘みましょう!

ゥ爛ゴムシパン

ムカゴ

β膾と干し柿のナマス

 干し柿、サザンカ、

Д粥璽笋離燹璽

 オレンジになってしまったゴーヤ

全く写真を撮るのを忘れビビンバに手を付けてから思い出しました

DSCN9727.JPG

フライパンで石焼ビビンバ   10人分

DSCN9733.JPG

ここで写真の撮ってないことに気づき混ぜ混ぜしてしまってから撮る

[材料と下準備]

ご飯

クレソン…柔らかい所を摘んで洗っておく

乾燥スベルヒユ・・・水に戻しておく

塩漬けイタゾリ…塩抜きをしておく

人参大1本

もやし1袋

こま切れ肉200g

玉子10個、コチュジャン、糸がラシ

塩、ゴマ油、コンソメスープの素、焼肉のたれ、ナムルの素、塩コショウ

[作り方]

.レソンは茹でてコンソメスープの素で薄味を付ける

▲好戰螢劵罎魯乾淕で炒め焼きにくのたれで味付け

イタゾリはゴマ油でサッと炒め味を見て塩コショウ 炒めすぎない(1分以内)

た融殴團蕁爾杷くおろしてナムルの素で味付け

イ發笋靴茹でてナムルの素で味付け

Δ海淦擇貽も炒めて焼肉のたれで味付け

とりあえず上の6種類を1人分ずつ盛り分ける

温かいビビンバを頂く為、ここから各班一斉に焼いていきます

Д侫薀ぅ僖鵑砲瓦淕を敷き3人分のご飯を入れ3つのくぼみを作って卵を割る

╂垢衒けた材料をきれいにのせる

卵が半熟になりご飯がこげて来たら器に盛りコチュジャンと糸唐辛子を乗せる。

 

キクイモスープ   10人分 スープが黒くなってしまう

キクイモを水からでなく、沸騰した湯の中に入れると黒くならない

DSCN9732.JPG

[材料と下準備]

キクイモ…皮付きのまま水300ccで荒めにミキサーにかける(粒を残す)

片栗粉(大3〜4)・・・2倍の水で溶いておく

コンソメスープの素

塩コショウ

辛子明太子2腹・・・スープ椀に1/5づつ分けて入れておく

[作り方 ]

.潺サーにかけたキクイモと水1300ccで湯を沸かしコンソメスープの素を入れ塩コショウをして6分、溶いた片栗粉を回しいれる。

明太子の入ったスープ椀に注ぐ。

ムカゴ蒸しパン  10人分

DSCN9729.JPG

[材料]

ホットケーキミックス・・・200g

砂糖・・・大2

卵・・・1個

ムカゴ・・・200g

ニッキの葉・・・10枚

水・・・約50cc

油・・・小2

[作り方]

.棔璽襪縫曠奪肇院璽ミックスと砂糖を入れ良く混ぜておく

⇒颪魍笋蠅曚阿鍬,蛤ぜる “ここで呼んで”

9鼎気鮓ながら水を少しずつ入れ耳たぶの硬さまでこねる

ぅ爛ゴを混ぜる

ゥ縫奪の葉の上に1/10づつ載せて沸騰した蒸し器に並べ12分蒸す

γ欟をさして蒸し状態確認して出来上がり

 

カーブスに通って2年7か月

その間筋肉を鍛えたおかげで、膝や股関節の痛みがとれ、

今は社交ダンスが再開できるまでになったのだが・・・

こんなものに応募して佳作入選してしまったのです。

DSCN9705.JPG

カーブス会員は100何万人と言う中からなので、トレーナーさんや会員さんが“すごい!”

と声をかけて下さるのには驚きました。

私は優勝を狙っていたのに・・・

豆腐グラタン次回はっきり写してきます。

DSCN9740.JPG

 

孫が来ると1日中付き合わされる。

来るなり「さあ遊ぼうか!」

3歳6か月の孫はとに角、虫と乗り物が大好きだ。

飽きることなく線路の上を手で持って機関車を走らせる。

DSCN9700.JPGDSCN9704.JPG
これはバアバアが考えた2本線のレールだ。2人で競争をする。

孫は何かしてほしい時だけ「こひろちゃん」と呼んでくれる。

 

先日選挙の不在者投票にコラボに行った時コラボの文化祭でついでに川柳など楽しんで

作品も見せてもらった。

DSCN9694.JPG

この花は何だったっけ?と写しておいた。

DSCN9692.JPG

DSCN9691.JPG
ツルウメモドキかなあ?

DSCN9690.JPG

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo
  • 大吉でいいことばっかり。お釈迦様の誕生日の花祭り
    Logo
  • 1人が楽しい野遊び。土筆の卵とじとノビルの酢味噌和え
    Logo
  • 黒井黒い玉子焼きは?
    Logo
  • 簡単ハコベ入り玉子焼き
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM