今年も服部緑地で野鳥の観察会

果たしてこの中に鴨はいるのか?

DSCN9973.JPG

1月9日のお話

野草の会の新年会。京阪寝屋川の小学校のちかくで調理室を借りてありました。

 

その帰り十日恵比寿の宵宮に救急車も来るほどものすごい人人

孫にみせるためパチリッ

DSCN9989.JPG
DSCN9996.JPG

DSCN9994.JPGここに本文を記入してください。
DSCN9992.JPG

DSCN9993.JPG
DSCN9991.JPG

DSCN9990.JPG
 

お宮さんの奥に結構大きな木?ちょっとこの葉っぱ見たことがないような気がする。

この木なんの気になる木だ

月の最終の日曜日(第4日曜)だったっけ2チャンネルで放送されている番組の中の

「松ちゃん」です。向こうの入り口に立っている人です。

DSCN9944.JPG

女4人で車をとばし、お寺の下に車を止めると道しるべ

DSCN9998.JPG

DSCN9997.JPG
 

 

雨の中、傘をさして、杖ついて、大方1時間急な坂を歩く。

DSCN0002.JPG

道にはコンクリートが流してあって模様がグチャグチャのコンクリート道。滑るのを防ぐためだろうが

本当にグチャグチャ。足跡の無茶無茶整列も面白い。ぬかるみ道ではないのでまあまあ。階段部分に来るとホッとする。

今日が初参りの日とかで「お接待」を受ける。テレビで漬けていた奈良漬が本当においしく漬かっている。

奈良でも買おうと試食はしてみたがこんなに美味しくはなかった。

私にとっては日本一のなら漬けだ。

お接待のご馳走は白菜のあっさり漬け、奈良漬、赤カブ漬け、大根の甘酢漬け

DSCN9941.JPG

古代米のお粥、酒かす汁、おぜんざい、そしてミカン、

お餅が美味しい。

DSCN9943.JPG
テレビでも毎回写る本殿には、ここの住人の3人の人形が、住職、副住職、松ちゃんと!

いつからならんでいるのか?大分くたぶれている。

DSCN9949.JPG

社務所なのか何か?入口にお釜がいっぱい

DSCN9947.JPG

DSCN9946.JPGミツマタのか細い木にかわいい花が(枝が常に3つに分かれているのが特徴)
急な坂を下りて向かったのは月の舟

DSCN9950.JPG

DSCN9951.JPGこの写真以外に、てんぷらや蒸しケーキコーヒーもあったのに、ぺロリと頂く。
DSCN9953.JPG

時間の関係で「ここまでにしとこ」と言う事で帰路に着く。大分濡れたけど楽しかった!

 

“もう4月はいっぱいだって”行きたかったのに・・・

じゃ9月にと言うとその申し込みは8月3日からだって。どうすりゃいいのよ〜

雪

テレビ見て見て下さい。人間らしい楽しい暮らしだよ。

日曜日最終週(まあ第4周が多いかな)の夕方6時からEテレで放送されています。

ニコッ今日で終わってしまいましたが3日間展示と講演会がありました。

私は昨日展示を見て講演を聞いてきたのですが、駐車料金も気になって

写真を撮るのをすっかり忘れてきてしまいました。

結構広範囲にいろんな資料が集められていたのにはびっくり

講演は角谷先生のマミズクラゲ

ナチュラリストの多くの知り合い、特に最近ご無沙汰していた人たちにも会えて

とっても嬉しい時間でした。

箕面の植物から

エゾヒガン、イカリソウ、ツボスミレ、シハイスミレ、タチツボスミレスミレ、

ヒゴスミレ、コスミレ、ニオイタチツボスミレ、ナガバタチスボスミレ、ヒメスニレ、

オオイヌノフグリ、タチイヌノフグリ、イヌノフグリ、カワジシャ、フラサバソウ、

ムラサキサギゴケ、トキワハゼ、シソバタツナミ、オカタツナミソウ、タツナミソウ、

カキドオシ、ジュウニヒトエ、キランソウ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、

ホタルカズラ、キュウリグサ、ヤマルリソウ、ハナイバナ、ウラシマソウ、マムシグサ、

ウシハコベ、ハコベ、ミヤマハコベ、ミヤマカタバミ、カタバミ、ムラサキカタバミ、

クサノオウ、ジロボウエンゴグサ、ミヤマキケマン、ムラサキケマン、

ベニバナヤマシャクヤク、ヤマシャクヤク、キツネノボタン、タガラシ、

ウマノアシガタ、フデリンドウ、ニリンソウ、イチリンソウ、シャガ、

キショウブ、ノビル、エンレイソウ、ショウジョウバカマ、ホウチャクソウ、

ナルコユリ、チゴユリ、

まだまだ展示にはあるある・・・

ほとんど花は見たことはあるけど、箕面のどこにあるのか?どこで見られるのか?は知らない。

 

早くからわかっていたのに皆さんにもお知らせすればよかった!

 

 

DSCN9959.JPGそして今日はとんど

相変わらず灰をもらって帰り家の周りにまいています。

服部緑地を回ります。DSCN9984.JPG
 

池に来る渡り鳥他住み着いているゴイサギなどと森に来るかわいい小鳥り類が

観察できます。

日時 1月20日(土)

集合 地下鉄御堂筋線「緑地公園駅」9時30分

持ち物  双眼鏡

お昼までで終わります。

駅前で新年会

問い合わせ  屋弘子さん(072−726−7270)宮野正仁(072−723−2021

です。

寒いので足元をしっかり防寒していたほうが良いです。

私も参加しようとは思っています。                            DSCN9986.JPG

今日届きました。毎年頂く賀状が届かないと具合でも悪いのかと心配しますよね!

枚方のMさんはメールで頂くのですが、お元気ですよね。心配しています。

みんなが帰ってしまうようになると夫の母が昔「よう来た!よう来た」と喜び帰る時には

「さびしくなる」とよく行っていた気持ちが今良くわかるようになりました。

長女の婿はみんな並べて床の間の前と門の前で記念写真を撮って帰りました。

毎年こうして記念を残してくれる優しい婿です。

皆明日から仕事です。

皆明日から仕事です。

4月の里菜の会の行先を変更できないかとたくらみ中

まずはお伺いのfaxを送りました。

上手くいきますように・・・

 

音羽山観音寺御中            里菜の会世話人 小島洋子

4月25日(水曜日)昼食のお願い

 

明けましておめでとうございます。急なFAXで失礼いたします。

昨年はテレビで「やまと尼寺精進日記」を四季折々に拝見させて頂きました。

昼食も出しておられることをネットで知り、いてもたってもおられなく、元旦早々のお願いです。

人数は8人〜10人

3000円から3500円でと思っていますが、あらかたの内容も教えて頂けたらと思っています。

昼食後にお寺の事や周囲の環境、副住職の社会貢献の御苦労話など少しお話しいただけるとなおうれしいです。

私たちは摘み菜を伝える会の会員でもあり、里なの会を結成してから20数年になり、比較的高齢者が多くなってしまいました。

少し険しい山道のようですが、休み休み頑張ってお伺いさせて頂きます。

まずは4月25日(水)の昼食がお願いできるかどうかお返事を頂けますようにお願いいたします。 小島洋子

560−0005 大阪府豊中市西緑丘3−20−9

 TEL . FAX 06-6848-7818

 携帯   090−1132−1262

 メール  kohiro@iris.eonet.ne.jp

 

毎年恒例になっている。今日だけは9名の大家族で手巻き寿司。ハムも好きだけど

マグロやシーチキン、甘エビなども大好きという孫

DSCN9980 - コピー.JPG

皆の真似をして手巻きの製作中
すべて箸を使ってお口まで届きました。

DSCN9977 - コピー.JPGお酒の相手をしてくれる長女の婿に夫は上機嫌

次女の婿もパパの大好きな鹿児島の芋焼酎を持ってきてくれたのでご機嫌
 

コバノミツバツツジではちょっと知られたこの春日神社

DSCN9958.JPG

花は4月なのになでか1本のみ咲いている

しっかり撮ったつもりがピントが奥に行ってしまっていた

DSCN9959.JPG
家に着いてクコが結構実をつけているのを発見

DSCN9971.JPG

昼食後ホームで元旦を過ごした母を見舞う。

1月7日で95歳になる。

年末に肺炎になり高熱を出したが治癒。

笑顔が戻ってきて良かった良かった。

食料の持ち込み禁止の所に丹波の黒豆煮を持ち込むも母自身用心を

しているので2粒食べただけ。


 

ご覧のトウリです。何かわかりますか?

DSCN9952.JPG

中央が外来種でチチコグサの仲間右下ヨモギからセリ、ハルジオン、ハコベ、

ノビル、アオミズ、ヒメオドリコソウ、シュンギク、ホトケノザ

みんな一緒に塩茹で、

別に味つけをして炊いたこんにゃく、脂揚げと混ぜて白和えに

DSCN9954.JPG

辛みが欲しいかなあと思って普通の味噌を使ったのはちょっと失敗

やっぱり白味噌が良かったようです。

今夜は数の子の塩抜きの為に塩水につけて黒豆をポットに入れ熱湯を入れました。

明日の朝には夫好み位の軟らかさにはなっているはずです。

丹波ではこれをもっともっと柔らかく炊きあげます。

私は好みの硬さにたけてから砂糖と塩で味をつけます。

この時炊き汁から豆が出ると皺皺になります。

炊き汁に必ず豆が漬かっているように・・・

「なんだそうだったのか!私は皺皺になぜなるのかわからなかった!」

なんて言っていた人もありましたから・・・

我が家はもちろん黒豆の産地!中でも本場の本場、篠山市奥県守から送ってもらった

黒豆です。夫が楽しみにしています。夫用の少し硬いのと、お客さん用の

軟らかい2種類を煮ます。

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

TIME

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 乗り物ではまたまた失敗。外出をした時の手抜き料理
    kazuho
  • 馬鈴薯の収穫。続く雨の予報を狙って人参の種まきを
    Logo
  • ツユクサ何に使うかなあ!
    Logo
  • 緑ヶ丘病院で・・・  一両なしで十両、百両、千両、万両の花
    Logo
  • 摘み菜20歳のお祭りの準備スタッフで〜す
    Logo
  • 服部緑地でつみな祭り(今日が締切でした。頼めばなんとか行けるかも)
    Logo
  • 大吉でいいことばっかり。お釈迦様の誕生日の花祭り
    Logo
  • 1人が楽しい野遊び。土筆の卵とじとノビルの酢味噌和え
    Logo
  • 黒井黒い玉子焼きは?
    Logo
  • 簡単ハコベ入り玉子焼き
    Logo

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM